日本とはまた違う印鑑の文化

  • RSS

日本ではとても身近な存在である印鑑。
印鑑は、日常的に様々な場面で必要とされる道具ですが、果たしてこんな文化があるのは日本だけなのでしょうか?。
なんでも台湾では、日本と同じように印鑑登録制度というのがあるそうです。

しかし、やはり国が変われば事情も変わるというもので、日本とはまた違う印鑑の文化があるようです。
まず、印鑑の形についてですが、日本では名字のみを彫った円筒形のシンプルな印鑑が多いのですが、台湾では角柱で、フルネームを彫ったものがほとんどだそうです。
なんでも、台湾の人は氏名が二文字か三文字の人が多いそうで、その為印面に姓名がおさまってしまうということがひとつ理由としてあります。

また、台湾の方は夫婦別姓が一般的だそうで、旦那さんの名字のみで彫った印鑑は、奥さんが使うことができないという理由もあります。
ですので、個人を証明する印鑑はフルネーム、家族間で共有することはなく、自分の名前の印鑑を、それぞれ所有しているということになります。
また、銀行で口座を開設する時は、日本と同じように銀行へ届出印を出す必要があるそうです。
また、興味深いのは印鑑を作る場所です。

日本では、印鑑専門店があり、そこで頼んだり、簡単なものであれば100円均一ショップだったり、文房具店だったりで購入することができますが、台湾は鍵を作るお店で印鑑を作ってもらうのだそうです。
ある意味、日本よりも印鑑が個人の財産や権利を守る、大切なものとして認識されているといっても過言ではないかもしれません。
そんな台湾の方から見れば、日本の名字しか入っていないハンコというのは、これは一体、何の役に立つのだろうと、奇妙なものに映るかもしれませんね。



~ WEBウォッチ│おすすめサイト ~

<重要な場面に安心の>チタン印鑑

プラチナをしのぐ強度・耐食性・耐久性をほこるチタン。
そんな宇宙工学に欠かせない先進のマテリアル超金属を印鑑に!
経年劣化も少ないので、重要な手続きにご登録いただく実印・銀行印はもちろん、
スタイリッシュなデザインが男性への贈り物としても人気です。

→ チタン印鑑の専門店【チタン印鑑スクエア】はこちらから。

このページの先頭へ