サインだけで大丈夫?

  • RSS

日本では、毎日といっても過言ではないほど、よく使う印鑑ですが、果たしてこんな文化を持っているのは日本だけなのか?と、ふと疑問に思い。
いろいろな国で印鑑が使われているかどうか調べてみたのですが、使われているのはやはりアジア圏だけみたいですね。
韓国、台湾では日本と同じように印鑑登録制度というものがあり、中国では実印や印鑑登録制度などはないものの、会社や企業での取引や契約の際に社印を使うということがわかりました。

印鑑のない国では、様々な契約や確認の際にサインをしてすませるのだそうですが、日常的にそれで大丈夫なの?と、いろいろ疑問がわいてきます。
例えば、宅配便の受取り。
もちろんサインでも個人は確認できますが、その家にたまたま他人がいた場合、サインを偽ってトラブルになったりしないのか?という疑問です。
調べてみたところ、なんと、アメリカの宅配便はサインはおろか、玄関に荷物を置きっぱなしにして帰ってしまうそうなのです。
がーん。
サインとか印鑑どころの話では、ないのですね。

もちろん、アメリカも広いので、すべてそのようになっているのかどうかはわからないですが。
でも、さすがに契約や取引の際は、もっと厳重だろうと思い、調べてみると。
なんでもアメリカでは正式にサインをして契約をするという時には、日本でいう公証役場のようなところへ行き、第三者に本人確認してもらい、その場でサインするという方法をとるのだそうです。

印鑑のほうが、手続きもシンプルで簡単だと思うのですが、お互いをきちんと確認する、偽造の恐れのない方法で、正式に認められる書類を作るという意味では、確かにこちらのほうが確実ともいえます。
韓国でも今後は、印鑑制度をやめ、電子認証やサインで手続きを行うように制度を変えていくそうです。
あらためて今の日本のような印鑑文化は、他の国にはない、貴重な文化として残っていくのでしょう。
日本の印鑑文化、大切に残していきたいものですね。



~ WEBウォッチ│おすすめサイト ~

<ディズニー好きのための>シャチハタプチネーム

シャチハタ専門店【Shachihata館】から「プチネーム」シリーズをご紹介。
世界中で大人気のディズニーキャラクター。
そんなキャラクターたちがデザインされた可愛いネーム印が登場!
場所をとらないプチサイズにしっかりした捺印性。
携帯にもつけることができるストラップ付きで、
インテリア感覚で置けるオシャレで新しいスタイルの卓上ネーム印です。

→ ディズニープチネームを見てみる。

このページの先頭へ